CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
profilephoto
Welcome to 525600のトキ
♡Kaylie♡
[ルームを見る]
20 / Female
Shizuoka, JP

旅行記はこちらから
2009 spring
Hawaii
Hongkong
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSOREDLINKS
#STEALED!!#
Welcome to my weblog.
kaylieのブログ『525600のトキ』ご訪問ありがとうございます!
525600のトキという言葉は、BWミュージカル"RENT"よりお借りしました(profile参照。)
1つ1つの瞬間を大切に。感じたこと、ものを大切に出来るように、いろいろな出来事を書き留めておくためのブログです。
理系大学で3回生やってます。向上するって難しいです。
このブログを通して…少しでも皆さんの心に何かが響けば嬉しいなと思います。
そんなことを言いつつ、内容は自己満ですいません;
コメント残していっていただけると嬉しいです♪

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
こんなブログにしたい。
なんだかちょっとブログ、書かなくなっただけでどんな更新していいかわからなくなっちゃうんです笑

医オケのことも載せて、そろそろ見ている人も私がだれなのかわかってきていそうなので(勝手な想像

もう少しまじめにブログ、書きたいと思います

それでもmixiよりは見られる頻度も少ないはずなので、気軽に書いていこうと思います!


私の理想は…活動記録。

1日1日の思い出をつづっていきたいですね-

ケータイも新しくなったことだし。


というわけで今日も自宅待機中。

熱はありません。

インフルエンザの脅威に自分がさらされることになるとは思わなかったぜ-・・・

医療系学生としてはいい経験になったと思います


次の更新はいつになるやらわかりませんが

徐々に軌道にのせていきたいです!

応援よろしくお願いします!
| output | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
衝撃!
昨日、金スマ見ましたか〜!?!?!?と誰かに向けて質問してみたりして(ノω`*)
今日は昨日観た金スマについて考えたことを書いてみます。

昨日は高木志保さん&ベッキーさん&はるな愛さん特集でした!
高木志保さんのは途中から見たのでよく分かりませんけど・・・

ベッキー
この人は、素晴らしい人なんだなって思った。
ただ人気があるだけじゃない、その裏には本当に苦労を重ねているんだな〜ってちょっと驚いちゃった…
嘘はつかない、でも暗い顔は見せない、そんな姿勢、貫けないよ、なかなか。

仕事で忙しくても大学はちゃんと出席していたらしいです。
いろいろ見習うべき部分は沢山ありますね。

いつも明るく振舞っているほど、精神的にデリケートなんだろうなって初めて実感しました。
デリケートだからこそ明るく振舞おうとする…それってすごく労力の要ることなんだろうな。
小さいときからテレビに出たい!って思って、今でもテレビに出続けたいって思ってずーっとずーっと頑張り続けている、芯の強さを凄く実感しました。

でも、でもね。
番組中、VTRでもスタジオでも、ぽろぽろと泣いているベッキーを見たら、本当に心配になってしまいました。
人間、四六時中明るく振舞うのは、本当につらいことだと思うし、彼女の頑張りが分かったからこそ、これからは無理しないでほしいなって思いました。
クリーンイメージも長く続くと、すごく重荷になってしまうんだろうな…

恋愛をしろって言うのはつらいと言っていたけど…それを一歩乗り越えるような、素敵な出会いをしてほしいなって切に思いました。これからも応援していきたいです。

はるな愛
彼女も、今凄く人気がありますよね。この番組では彼女の整形について取り上げていました。
彼女が全身整形にお金を使っているのは知っていたけど、痛い思いをしながら、身体の恒常性と戦いながら美を追求していること…すごくショックを受けました。
今では、整形と言うものは割と世間にも浸透してきて、気軽にプチ整形とかする人も多くなってきましたよね。
でも、生まれ持った自然の状態を変えることにどれだけのリスクが伴うのかということをあまり重大な問題として捉えている人はいないと思います。

薬の作用でもリスクとベネフィット、両方を観て、どちらのほうが大きいのか、そのベネフィットを受けるのにふさわしい程度のリスクなのか、と個々の薬、個々の患者さんについて考えなければならないと大学の先生がおっしゃっていました。

美容整形に関しては、本当にそこが重要だと思います。外見のために大きなリスクを背負うのは果たして理にかなっているのか?整形を受ける人それぞれに、それなりのリスクが課せられている。

この番組を見てから、ふと気づくとそんなことを考えている自分がいます。はるな愛ちゃんのあの笑顔の裏には、様々な苦労、闘いがあったんだな-って。

この番組を見ながら何度も、整形なんて絶対したくないって思いました。
でも、整形しないとどうしても駄目って思っている方もいらっしゃるのだと思います。
自分は恵まれているんだな-ってすごく実感しました。

-----

こうやって様々な人の表面だけではなく裏面まで見てしまうと、本当に人生って人それぞれなんだなと思います。
生まれながら沢山のものを持っているのに使いこなせていない人もいれば、
生まれたとき持っていた数少ないものを上手に使っている人もいる。
生まれた環境がどうであれ、後者になることが、幸せになることへの道なのだと思います。
まだまだ、考えなくちゃいけないことがいっぱいあります。
自分が今何をするべきなのか、しっかり見据えて前に進んでいけるようになりたいです。
…いつになるやら。

ではでは
| output | 23:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
それってただの意識低下じゃない


O-157のニュース…
実習で女子学生3人がO157感染 群馬大医学部ー2009.1.30 12:35
" target="_blank">http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090130/crm0901301238010-n1.htm


どういう状況でなったのかは分からないけど、
明らかに学生も悪い気がするのは私だけでしょうか…

微生の実験のときは触らないように再三注意を受けたし…

自分の身体は自分で守らないとねΣ(ノд`。)

なにはともあれ、人のふり見てわがふり直せ、です。
気をつけようと思います(`・ω・´)
| output | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
不思議と夢は壊れなかった
ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
松岡 圭祐

数時間で読破できました。千里眼シリーズを日ごろ読んでいる人にはチョット軽いけど、松岡作品をはじめて読む人にはいい入り口になるかも。
とにかく、この人の本はリアルで、様々なところまで凝っているのが私はすきです。
知らぬ間にストーリーに引き込まれて、気づいたら作り話なのか本当なのか?って真剣に考えてる自分がいる。

絶対フィクションだけど、でもありそうな気がする。

ディズニーランドは永遠に夢の国なんだなぁ。
働くのもいいなと思うけど、やっぱりそこはちゃんとした社会なんだろうし。
後藤(主人公)に目線を下ろすと、自分があたかも仕事を体験しているような気分になってきちゃったー。
というわけで、今度ランド行ったら表から垣間見える裏について、迫ってみたいと思いまーす。

(まとめ???)笑
| output | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年の振り返り…
どこでもやってますね。
もう、飽きたくらい(・n・`;)
みんなで同じことやらなくていいのにさー…
最近どのチャンネルつけても本と代わり映えしないよ。
総集編ばかりですか。そうですか。
もうテレビなんて見ないよ!

いやいやいや、いくらなんでもそこまで怒ってませんけどw

そういう総集編?ニュース総まとめ?みたいなので、やってるじゃないですか、
2008年、追悼スペシャル的な、感動をありがとう、みたいな感じの特集を。
それで思い出したのです。
緒形拳さんが亡くなったことをー。

つい先日まで放映されていたドラマ、『風のガーデン』。
あのドラマでは、本当に死に対する深い言葉を沢山おっしゃっていた。
がんであるとは思えないほどの演技、体力に本当に驚かされました。
遺作となってしまったドラマですが、
生まれて20年、初めて本当の意味で(ミーハー的な意味でなく)真剣に見たドラマでした。

生活がどうしても朝に寄っていたため、そして昨年1年間の寮生活でテレビを見る習慣が抜けてしまったために、今年度に入ってから、全然テレビを見ていなかったんです。
『風のガーデン』も、スタートした当初は見ていませんでした。
私がこのドラマを見るきっかけとなったのは、高宮有介先生という、緩和ケアセンターの先生の授業で、このドラマが取り上げられてから。
高宮先生のことが詳しく書いてある医学書院のHP
この先生は、1年生のときも終末期医療についてのお話をしてくださったのですが、
本当に熱い先生です。

それこそ、大学にもこんなに熱い先生がいるんだなー。って感じの。

『風のガーデン』を見て思った。
せめて、死ぬときくらいは、希望をかなえてあげたいし、かなえて欲しい。
例えば、海が見える場所で死にたいと言うのなら、海の見えるところに引っ越してみるのもいい。

もしかしたら、それが最初で最後の、その人のわがままかもしれない。

終末期医療の大切さ、
家族で過ごすことの重要性、
私は『風のガーデン』の緒形拳さんから、学んだ気がします。
彼の語り口は、本当に心に響いた。

ほんとうに、ありがとう。

人が死ぬのは悲しいし、受け入れたくないときもある。
だからこそ、受け入れるためには、そのひとのそばに、最期までいて、
最期を見届けてあげることが大事なのだと思います。

そういったことをこれからも忘れずに、医療の道へ進んでいけたらなー、と思います。
| output | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリスマスだけれど・・・
最近よく思うこと、問題だと思うことを今日は書きます。

さて、天皇誕生日も過ぎ、こどもたちは冬休みに突入!
でも、お勤めの方はまだまだ2008年締めくくれないぞ!と言うことで大忙し。
こどもたちは家にいてもしょうがないし、
「おばあちゃん家に先に行ってて。」

というわけで遠路はるばるおじいちゃん、おばあちゃんが新幹線で迎えに来ました!

だいたいいつも空いている新幹線の車内。
駅弁を買って、お菓子も買って、イスをひっくり返して。
なんだか賑やかで楽しいね〜。

こどもたちはだんだんテンションも上がり、、、騒ぎ出します。
幸い両親がいないから鬼の声も届かず…
祖父母はなかなか叱れず…
うるさい時は延々と流れていきます。

その席から離れたところでは、ちらほら、
不機嫌そうに顔をしかめる人←私

日本人の性格上だかなんだかわかんないですけど、
やっぱり注意できないですよ…

たまに乗る新幹線だから、はしゃいでしまう気持ちも分かる。
新幹線って、旅をしてる〜っていう気分でなかなか爽快ですよね☆

でも、出張で疲れてる人もいるかもしれない。
あんまり寝てなくて、新幹線で睡眠を取りたい人もいるかもしれない。
あ、もちろんよく寝てる人でも←

とにかく、やっぱり孫とはいえ、保護者がきっちり叱らないと、教育にもならない。
しゃべるのはいいけど小さな声でね、って一言がなんで言えないのかなぁ。

と、いちいちイライラしてしまうkaylieなのでした-。
| output | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
法律と新しいこと
こんばんは。日付的には違う日に書いていますが・・・
今日は2回目の記事です。
最近思うことについて書いてみようかなと思います。

世の中に起こる現象って、大体が予測不可能で、突然で
そしてストッパーの無いままにどんどん進んでいってしまったりしますよね。

たとえばそれが顕著に表れているのが、ネット上の世界。
何年か前までは、インターネットってそんなにメジャーじゃなかったですよね。
第一接続料金がすごい取られてたし、速度は遅かったし。
そもそもパソコン自体が最初は全然メジャーじゃなかったのに、今は1人1台、とまでは行かなくてもまぁ2人に1台は持ってるでしょう・・・って言うレベル。
とにかく日常にインターネットは密接に関わっているし、
どんな情報でも大体はみんなの手に届くようになっているし、
年齢制限なんて、あってないようなものだし・・・
プライバシーの問題もどんどん出現して来ていますよね。

インターネットって言うのは本質がどこにあるのか分からない、概念のようなもので
法律で規制しようと思っても、範囲が広すぎて全然行き届かないし、
そもそもアドレス(URL)ってあるけど、その数は無限大です。

こうやって、十分に広まってから問題は徐々に露呈するのであって、
そうなってしまえば、なかなか制限するのは難しくなってくる。

そういった問題提起をしているテレビの前で、数十分、考えてみたけれど
どうすれば問題が解決するのか全く分からず…

新しいものが登場するとき、もちろん世間はそんなものの登場を予期していないわけで、
つまり、準備が整っていないのですからこうなることは仕方が無いといえば仕方がありません…
ネット上の新しいサービス一つ一つに対してはリリース前にどこかに報告しなければならないとか、
ネット上でもしっかり規律を作って利権関係を明らかにして
統括していくべきだとは思いますけどねぇ。

現実の、というかリアルの?世界で起こりうることって、大体範囲が決まってるけれど、
ネット上ではどんな意表をつくモノづくりをするかが焦点になっていたりするわけで…
つまり、それを管理する人がいなければネット社会全体が破綻してしまうという危険性もはらんでいるのではないだろうかと思います。

うーん、真剣に考えているんだけど
文章がまとまらない・・・
| output | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |